金利が安く抑えられている住信SBIネット銀行カードローン

kaisetuカードローンを誰にも知られずに利用したいときには、住信SBIネット銀行カードローンに申し込んでみるとよいですよ。

住信SBIネット銀行カードローンでは、ネット上で借り入れや返済の状況を確認することができます。
いつでも気になった時にチェックできますし、自宅まで明細が送られてくることがありませんので、家族に内緒でカードローンを利用したい方にも最適です。

また、住信SBIネット銀行カードローンは基本的に使い道を問われることがありません。
事業にかかわる目的でなければ、教育資金としてや、車のローン、さらに資格取得に向けて等、自由な目的で借り入れすることができますので、幅広い方が利用することができます。

また、お金を借りる時、金利が高くつくと悩んでしまいますね。
住信SBIネット銀行カードローンは、700万の借り入れで年利3.5%、100万円の場合、9.5%等10%の金利をきっている特徴があります。

実際にお金を借りてみると、金利に払う分が多く元本がなかなか減らなかったりします。
そうなると、返済する期間も自然と伸び、いつまでもだらだらと返し続けなければなりません。

その点、住信SBIネット銀行カードローンであれば、金利の負担が少なくすみますので、早々に完済することもできます。

このように、住信SBI ネットローンを利用することで、プライバシーを守りながら、負担なく返済していくことができます。
後々のことまで考えたときには、一度相談してみるとよいでしょう。

レイクの銀行カードローンとしてのメリット

 新生銀行のカードローンのレイクは、かってはほのぼのレイクとして営業を行っていた消費者金融業者のブランドを新生銀行が買い取った形で行っており、消費者金融型の融資を銀行が行う事によってのメリットをいくつか挙げる事が出来ます。

 レイク 審査は、消費者金融系の業者が行うキャッシングと同様の手続きで融資を受ける事が出来ます。身分証明書を一点用意するだけで融資の審査に申し込む事が出来ます。インターネットからの審査は、非常にスピーディーであり即日融資が可能となっています。

 これらの特徴は、消費者金融の長所である部分ですが、レイクは新生銀行が行っているという事でもう一つのメリットを享受する事が出来ます。それは総量規制と呼ばれている消費者金融を対象とした規制の対象外であるという事です。

 総量規制とは、年収の3分の1以上の金額の融資を受ける事が出来ないというルールで、消費者金融や信販会社のローンが対象となっています。現在の消費者金融は、銀行の傘下に入って営業を行っていますが、これらの業者の行うキャッシングも総量規制の対象となっており、年収によって融資可能額は制限されてしまいます。

 ところがレイクの場合には、新生銀行本体が行うカードローンであるので、総量規制の対象とはなりません。年収によって融資可能額が変動する事はないので、安心して大枠の融資に申し込む事が出来るのがメリットとなっています。

 レイクという名前から消費者金融を思い浮かべる人も多いようですが、現在のレイクは新生銀行のカードローンであり、以前とは性格の違う内容となっています。

すぐにお金を借りられるバンクイック

ufjatm早急にお金が必要な時には、三菱東京UFJ銀行のバンクイックに申し込んでみるとよいです。
バンクイックは、申し込んだその日のうちにお金を借りることができますので、すぐにでもおお金を用意しなければならないときに便利に利用できます。

まずバンクイックは、ネットを利用して申し込みを行うことが可能です。
審査結果についても、最短で30分ほどで電話の他メールで教えてもらうことができるのです。

仕事中だったり、家に家族がいるという時でもメールで教えてもらえますので、安心して申し込みができるでしょう。

バンクイックでは、ネットの他にテレビ窓口を利用して申し込むことも可能です。
テレビ窓口は、ATMコーナーに設置されているのですが、ここから申し込みを行うと、最短40分でカードを発行してもらえます。
用意する書類も運転免許証だけでOKですので面倒もありませんし、平日はもちろん、土日祝日でも対応しているため、状況を問わずお金を借りることができますよ。

お金はいつどこで必要になるのかわかりません。
急にお金が必要になった時には、友人や家族に借りようと思っても、無理な場合もありますが、そんな時にはバンクイックを利用することで、確実に必要な金額を用意することができるのです。

バンクイックは入会費や年会費も無料になっていますので、今すぐお金が必要でない方も、万が一の時のために申し込みをしておくこともできますね。

急な出費が必要になった時に動揺したくないという時には、バンクイックを利用してみるとよいでしょう。バンクイック 評判はこうしたこともあってすこぶる良いようです。

リーガを面白くしてくれる存在

リーガエスパニョーラは昔から2強と言われるチームの存在が大きく、他リーグが好きな人でリーガを批判したい人はいつもこの事を理由にリーガは面白く無いと言うのが定番でした。
しかし、このアトレティコマドリーの今シーズンの活躍で3強状態となっており、最終節まで目が離せない面白い事になっています。

元々の2強は現在も世界のトップ3に入るチームであり、そこを抑えて首位を走るアトレティコの存在はリーガのハイレベルな戦いを更に引き立てる結果となっており、最終節に2強の一角で現在2位のバルセロナと直接対決という、又と無いシチュエーションが用意されており、否が応でも盛り上がらざるを得ません。

更に、もう一つの2強の一角であるレアルマドリーも、現在3位で選手層は最も厚くチーム状態も一番上向きと言ってよく、最終節まで取りこぼすとは考えにくく場合によっては、最終節にアトレティコマドリーとバルセロナが引き分けた場合、レアルマドリーが優勝する可能性もあるのです。
ここまで縺れたリーガは珍しいので、今からワクワクが止まりません。

牛丼に価格差が生じて売り上げがどう変わるか

 4月からの消費税に伴い、いろいろな商品の値段が上がりますが、大手の牛丼チェーン店では各社対応が分かれました。吉野家、すき家、松屋の大手3社では現在牛丼の並盛が280円と価格が横並びですが、消費税増税の4月以降は吉野家が20円値上げするのに対して、すき家は増税で値上げの流れに逆行して10円値下げをして、松屋は10円の値上げとなり各社価格がバラバラになり30円の差が生じます。

 現在は牛丼を食べるのに3社の値段は横並びなので、それぞれの人が気に入った味の店のものを食べればいいのですが、価格差が生じてしまうと一部の人で吉野家よりもすき屋のほうが30円も安いからお金の節約のために、これからすき家で食べようと思う人もいるかもしれません。

 値上げと値下げの両方の対応を取ったことにより、消費者の行動がどのように変化して、それぞれのお店の売り上げがどう変わるのか4月以降の牛丼チェーン店3社に注目です。私は値段が変わっても同じお店で食べるつもりでいます。

最近の将棋ソフトの進化はすごい

 まだ公式で戦った歴史は浅いですが、以前はコンピュータとプロの棋士が将棋で対戦してもコンピュータが勝ったのは女流棋士と高齢の大ベテランの棋士だけで、現役バリバリのプロ棋士にはぜんぜん歯が立ちませんでした。

 それが去年の電王戦で5対5の団体戦をしたところ、一線級の現役バリバリの棋士ばかり相手にコンピュータが3勝2敗で勝ってしまい、将棋界に衝撃が走りました。あれから1年が経ち、また今年も電王戦が開催されます。対戦するプロ棋士は去年とメンバーで、リベンジできるか返り討ちに合うか楽しみな対局です。

 将棋はただ駒を動かすだけでなく、一度取った駒を使うことができるので、考えられる手数がものすごく多くなりプログラムがかなり複雑になります。そんなこともあって今までプロ棋士に歯が立たなかったのですが、それが勝てるところまで来ました。

 それもほんの何年かの間なので将棋ソフトの進化がものすごいです。いずれは棋士がコンピュータに歯が立たなくなる時代が来るのかもしれません。
 

そりゃそうでしょうよ。

みなさんはこの西川さんの結婚するならどういう相手が良いかという記事を見てどのように思われたでしょうか。私ははっきり言ってこの人の再婚相手の条件なんか全く関心はありません。

ですが敢えてコメントするならこの人の立場から考えても相手の年収なんかあまり関係ないというのは分かります。なぜなら、この人自身が世間一般でいう成功者なわけですから、今更お金をさらに求める必要性がないのですから、それほど不思議な事ではないです。

そして、国籍も関係ないというのもなんとなく分かるような気がします。
それはやはり日本人の男よりも外国の男の方が紳士的な人が多いという事から考えても
それほど不思議な事はないと思いました。

私はこの国籍は関係ないという発言はある意味日本人はもういいというように聞こえなくもないです。確かに、西川さんのようなアメリカ女性のような気の強さを持った人は外国人の方がお似合いのような気がします。

ですから、この記事は特別記事にするほどの発言ではなくごく自然な発言だと思いました。

競技以外でも面白いオリンピック

アメリカのピッツバーグ・ポスト・ガゼットという新聞社は、8日の電子版でソチ冬季五輪のメダルの貴金属としての価値を算出しました。すると金メダルを約550ドル(約5万6000円)、銀を約310ドル(約3万2000円)、銅を約3・25ドル(約300円)と評価しました。

現在熱戦が繰り広げられているところで、ソチとは時間差があるため、どうしても夜遅い時間にテレビを拝見することが多くなりました。非常に眠い日々を過ごしていますが、こればかりは仕方の無いことです。そこで実際の競技ではなく、裏話のような今回のメダルの価格という話題は、とても面白いです。

この記事を読むまでは、メダルというのは非常に高価な物だと考えていました。ですからかなり拍子抜けの金額で、ちょっと残念でした。それでもメダルは金額では表せない、非常に価値のある物です。

私はメダルとは全く関わりが無い一市民ですが、いつかこの目でメダルを拝見してみたいです。

あのパズドラの新作が出るらしい

あのパズル&ドラゴンズ(パズドラ)の新作が今月中にも発表されるみたいですね。
しかも、ガンホーが3日に発表した13年12月期通期の決算は前年の6倍以上で過去最高だったようです。
それにしても、まさかパズドラの新作が出るとは思いませんでしたね。

3DSのソフトとしてパズドラZも販売されて、1月末までで130万本と予想以上に売れていたので、
今後は3DSの業界にも注力していくんだろうな、と予想していたのですが、まさかの展開ですね。
一時期は私も熱中していて、課金も結構しましたからね。家でもやり過ぎて妻に怒られる始末でしたから。
それが、最近では熱も冷めてきて触らなくなっていましたからね。栄枯盛衰だな、とか思ったりしてたのですが。
それにしても気になるのは前作のパズドラのデータが引き継げるのかどうなのかですね。

もし、引き継げないとなると課金した人達は怒りそうな気もするのですが、どうなのでしょうね。
いずれにしてもこんな話を聞いてしまうと、また前みたいにハマってしまいそうな自分がいて、ちょっと怖いですね。

怖い!ノロウイルス

浜松市の小学校で発生した集団ノロウィルスですが、給食の調理をした職員からもノロウイルスが検出されたそうです。

同じパンを食べていたとのことで、同じ小学生を持つ親として、学校給食で感染したということは防ぎようもなく、かかった児童や調理師さんが一日でも早く回復することを願うばかりです。
ノロウイルスを防ぐためにはマスクと30秒以上の手洗いが有効だそうです。
冬になると私の周りでもノロウイルスが流行ります。

我が家はまだなったことがないのですが、話を聞いていると、最初に子供が感染して、
兄弟が感染して、最後に看病していた親もなり、一家全員なるパターンが多いです。
本当に強力なウイルスなのですね。

なので、毎年冬になると戦々恐々としています。
我が家でも手洗いうがいをしっかりしてノロウイルスに感染しないようにしたいと思います。
そして、飲食店でもしっかりと衛生面で管理をして、消費者が安心して食べられるように
努力してほしいと思います。

原発問題、全国民的議論を

民間の研究所によると、日本国内の原発で事故が起こった場合、30km圏の全住民が避難するのに、最短でも半日以上、長くかかるところでは6日近くの時間を要する、と想定されるそうです。

道路事情などで特に時間がかかってしまうのが東海第2原発と浜岡原発で、5日から6日といいますから、その間、避難できない住民は被爆し続けるということになるのでしょう。
なんとも恐ろしい話ですが、あの福島の原発事故の時は、国や東電の判断が遅れに遅れましたから、その間の被爆量は想像にかたくありません。私は首都圏に住んでいますので、おそらくある程度の量、すでに被爆してしまったのではないでしょうか。

のどもと過ぎれば熱さ忘れるといいますが、今も福島の事故はまったく処理ができていない状態。それなのに、国民の原発に対する意識は3年前とは比べものにならないぐらい低下しているを言わざるをえません。
東京都知事選で原発の是非を選挙公約にする候補が立つという情報があります。ニュースでも大きく取り上げられていますが、これを機に、ぜひ、原発問題をもう一度全国民が考え、議論するような形になってほしいと願っています。

大西隆会長は即刻自ら辞任表明を行い新たな会長に職を譲るべき

日本学術会議の大西隆会長(都市計画専攻)が、同会議のホームページに載せた自身の英文プロフィルに「学術論文と本を1000件以上発表した」と記載したことを、偽りとの匿名の指摘を受け修正したことが判明したそうです。

大西会長は、雑誌に寄稿したも文章も専門的に書いていることから修正前の表記はおかしくないと思うと弁明していますが、関係者からは、業績の誇張のし過ぎで日本の科学者の代表だけに国内外でのどのように受け止めらるかが心配という声が上がっています。

私が思いますのに、日本学術会議は科学に関する重要事項を審議する組織です。その代表者たる人物は、その組織の判断に信頼性を持たせるためには正確な自己紹介が必要です。特に自分の発表した学術論文と本は学者の命です。それを水増しとも受け止められるような表現をすることは断じて有ってはなりません。

日本学術会議の権威を維持するためにも、大西隆会長は即刻自ら辞任表明を行い、新たな会長に職を譲るべきだと思います。

わが国も米国・韓国・ベトナム・タイ・マレーシアなどと同じ対応をとり飛行計画の事前提出を認めるべき

中国が防空識別圏に進入するすべての航空機に飛行計画の提出を義務付けた問題で、国営中国中央テレビは16日、ベトナム・タイ・マレーシアが提出に応じたと報じ、日本は孤立を心配するだろうと指摘していることを、Yahooニュースは伝えています。

中国の防空識別圏を飛行する民間航空機の飛行計画の提出について、米国は 早々と中国への提出を容認していますが、韓国政府も12日、飛行計画の事前提出を認める方針に変更したことを韓国各航空会社に伝えています。韓国政府としては中国の防空識別圏を認めない立場は変えていませんが民間航空機の安全飛行を最優先して自主的提出を容認したものです。今回は、これに続き東南アジアの3カ国が提出を容認したものです。

安倍首相は、15日にASEANの特別首脳会議後の記者会見で、中国の防空識別圏設定の撤回を求めていくと述べ、政府が日本の航空会社に飛行計画を中国側に提出しないよう求めている方針に変更はないと述べていまして、日本だけが孤立した状態になっています。

私が思いますのに、わが国も、これらの各国と同じ対応をとり、中国の防空識別圏を認めない立場を維持しながら、飛行計画の事前提出は認めるべきだと思います。民間民間航空機については安全運行が最優先課題です。我が国も、中国の防空識別圏の拡大は認めることはできませんが、飛行計画の事前提出を行なわない現状では、中国機によるスクランブルや攻撃等が発生してしまうという懸念が有ります。これはなんとしても避けなければなません。